2023年5月20日、21日

全日本ロードレース選手権(JSB1000クラス) Rd.3 スポーツランドSUGO

日程 2023年5月20日、21日
サーキット スポーツランドSUGO(宮城)
ライダー 亀井 雄大
予選 予選1 : 4位 / 予選2 : 3位
決勝 レース1 : 4位 / レース2 : 4位

リスタートが功を奏し両レースとも4位フィニッシュ!

ヨシムラスズキライドウインは、全日本ロードレース選手権(JSB1000クラス)シリーズ3戦目を宮城県・スポーツランドSUGOで迎えた。この次のレースは、8月にあるMOTEGI 2&4レースとなるため、今回のSUGOラウンドが前半戦最後のレースと言える。亀井雄大を迎え入れ、新たにスタートした2023年シーズンだったが、開幕戦もてぎ、第2戦 鈴鹿2&4レースと、予選はまずまずでも、決勝で下位に沈んでしまうレースが続いていたこともあり、SUGOラウンドでは事前公開テストから流れを変えるべく、亀井に走り込んでもらい、スズキGSX-R1000Rをより理解してもらうことにした。その周回数は誰よりも多く、ラップタイムもヤマハファクトリーに次ぐ3番手タイムをマーク。いい状態でレースウイークに臨むことができていた。

公式予選(土曜日)
レースウイーク初日となった金曜日は、雨が降ったり止んだりする不安定なコンディションに見舞われる。雨量が少なく中途半端なウエットとなった1本目は3番手、ドライとなった2本目は6番手と走り出しは悪くなかった。 土曜日の朝に行われた公式予選は、ウエットコンディションとなった。スリッピーな路面を攻めあぐねるライダーが多い中、セッション終盤にタイムアップした亀井は、計測最終周にベストタイムとなる1分39秒513をマークし4番手。セカンドベストも1分39秒742を記録。レース2は3番手、フロントロウを確保した。

レース1(土曜日)
スタートダッシュを決めた亀井は1コーナーで4番手につけるとオープニングラップの最終コーナーからホームストレートで#22星野選手(BMW)をかわすが、#36水野選手(Honda)にかわされポジションは4番手とポジションは変わらず。序盤は#3岡本選手(Yamaha)、水野選手と三つ巴の2番手争いを繰り広げていたが、岡本選手がペースを上げて離れると、水野選手を亀井が追う展開となっていく。レース終盤は、後方から#10清成選手(Honda)が追いついてくるが、これを抑え4位でチェッカーフラッグを受けた。

レース2(日曜日)
日曜日は朝から青空が広がり気温も上がり、さわやかな五月晴れに恵まれた。3番手、フロントロウからのスタートからやや出遅れ、1コーナーに6番手で入っていくと、2コーナーでイン側に入るタイトなラインを取るが、ポジションを上げることができない。オープニングラップの混戦の中、SPアウトコーナーで1台をかわすと、ホームストレートで1台をかわし4番手に上がる。その後、前を走る清成選手を追う一方、後方から水野選手と#4作本選手(Honda)が追い上げてくると4台がワンパックとなり3位争いとなる。亀井は最終ラップを集団の後方につけていたが、水野選手と作本選手のバトルがヒートアップし、SPアウトコーナーで2台がはらんだところ、前に出ることに成功。2つ順位を上げて4位でゴールした。

 

亀井 雄大 ライダー コメント

第1戦、第2戦と厳しいレースが続いたので、今回は得意のSUGOでどうしても上向きで終えたいと思っていました。レース2は運もありましたけれど、両レースを4位になれたことは良かったですね。前戦の鈴鹿を終えてからチームと話し合い、事前公開テストではロングランを行いました。レースウイークに入ってからも予選では、一度もピットに入らずに走り続けました。チームの方針をこなしたことでボク自身も前進することができたと実感しました。ここから、さらに前進していき、後半戦は表彰台に上がることができるように努力していきます。

 

加賀山 就臣 チームマネージャーコメント

亀井のポテンシャルを出すべく、事前公開テストからスタンスを変えリスタートしました。走り込み重視でスズキGSX-R1000Rの特性を引き出す方向にしたところ、亀井自身のライディングも変わっていき、タイムも上がって来ていました。レースウイークに入ってからも開幕戦もてぎ、第2戦 鈴鹿2&4のときとは違う流れを作り出せましたし、亀井の能力をやっと発揮できるようになってきました。ここを新たなスタートして後半戦は、ライダーの能力・チーム力を活かして表彰台の獲得、そして優勝を狙えるように取り組んでいきます。今回もヨシムラスズキライドウインに多くの応援をありがとうございました。

 

JSB1000 公式予選結果1

順位ライダーチームマシンタイム
1 中須賀 克行 YAMAHA FACTORY RACING TEAM YZF-R1 1’36.945
2 星野 知也 TONE RT SYNCEDGE4413 BMW YZF-R1 +2.189
3 岡本 裕生 YAMAHA FACTORY RACING TEAM YZF-R1 +2.212
4

亀井 雄大

YOSHIMURA SUZUKI RIDEWIN GSX-R1000R +2.568

JSB1000決勝 レース1正式結果

順位ライダーチームマシンタイム
1 岡本 裕生 YAMAHA FACTORY RACING TEAM YZF-R1 32’02.314
2 中須賀 克行 YAMAHA FACTORY RACING TEAM YZF-R1 +3.961
3 水野 涼 Astemo HondaDream SI Racing CBR1000RR-R +15.975
4

亀井 雄大

YOSHIMURA SUZUKI RIDEWIN GSX-R1000R +18.240

JSB1000 公式予選セカンドベストタイム

順位ライダーチームマシンタイム
1 中須賀 克行 YAMAHA FACTORY RACING TEAM YZF-R1 1’37.399
2 岡本 裕生 YAMAHA FACTORY RACING TEAM 2 YZF-R1 +2.305
3

亀井 雄大

YOSHIMURA SUZUKI RIDEWIN GSX-R1000R +2.343

JSB1000決勝 レース2正式結果

順位ライダーチームマシンタイム
1 中須賀 克行 YAMAHA FACTORY RACING TEAM YZF-R1 31’53.342
2 岡本 裕生 YAMAHA FACTORY RACING TEAM 2 YZF-R1 +1.772
3 清成 龍一 TOHO Racing CBR1000RR-R +25.836
4

亀井 雄大

YOSHIMURA SUZUKI RIDEWIN GSX-R1000R +26.141

JSB1000ポイントランキング

順位ライダーチームポイント
1 中須賀 克行 YAMAHA FACTORY RACING TEAM 145P
2 岡本 裕生 YAMAHA FACTORY RACING TEAM 2 125P
3 名越 哲平 SDG Honda Racing 82P
4 水野 涼 Astemo HondaDream SI Racing 61P
5 作本 輝介 Astemo HondaDream SI Racing 43P
6 清成 龍一 TOHO Racing 53P
7 亀井 雄大 YOSHIMURA SUZUKI RIDEWIN 48P
8 津田 拓也 AutoRace Ube Racing Team 43P
9 岩田 悟 Team ATJ 34P
10 秋吉 耕佑 MurayamaUnso.Honda Dream.K.W 27P

TOP