ロゴ

TOP > ヨシムラフリーク > 第43回ツーブレ開催報告

第43回ツーブレ開催報告

7/5(土)ツーリングブレイクタイム Vol.43 ~鈴鹿8耐直前スペシャル~ を開催しました

ヨシムラジャパン本社で開催しているツーリングブレイクタイムですが、
今回は特別版として、クシタニパフォーマンスストアも出店しているネオパーサ清水での開催となりました。
東海や近畿地方からもアクセスしやすい立地のため
朝からあいにくの雨ながらも沢山のお客様にお越しいただきました。

ヨシムラブースでは8耐グッズを販売。
さらに、今回のメインイベント参戦トークショーはスペシャル版で開催。
司会は鈴鹿8耐実況アナウンサーとしてお馴染みのピエール北川氏、
4人のライダー、両チーム監督の出演となりました。
各チームそれぞれ午前と午後の2ステージを行い、最初に#34チームが登場。
加藤陽平監督率いる、ランディ・ドゥ・プニエ選手、ジョシュ・ウォーターズ選手が登壇。
その後、#34チームと入れ代わる形で、#12レジェンドチームの吉村不二雄監督率いる、ケビン・シュワンツ選手、辻本聡選手が登壇。
ヨシムラチーム同士でもそれぞれをライバルとして意気込みを語ると、
会場内は、熱いヨシムラファンの方々からの拍手と歓声に包まれました。
また、今年のヨシムラチームを応援するデンソーレースクイーンに決定された正木エミさんも飛び入り参加し、さらに盛り上げてくれました。
皆の想いが届いたのか、降り続いた雨は午後には小康状態となり2回目のトークショーにはほとんど上がりました。
おかげで来場いただいたお客様と集合写真を撮影する事ができました。
参加ライダーによるサイン会では、ファンの皆様との時間を可能な限りとらせていただきました。
皆様にとって貴重なひとときとなったのではないでしょうか。
(サイン会では長蛇の列が出来てしまい、お客様にご迷惑をおかけした事をお詫びさせていただきます。)

今年の8耐はヨシムラ60周年の記念にふさわしい豪華な布陣で挑みます。
ファンの皆様は一足早く参戦気分を味わっていただけたのではないでしょうか。
雨にもかかわらずバイクで来場された方、遠くは九州から駆けつけてくれた方など、
ご来場いただいたお客様、本当にありがとうございました。

ブース出展にご協力いただいた
・株式会社レッドアンドイエロー 様(Shell ADVANCE)
・ブリヂストンモーターサイクルタイヤ株式会社 様
・株式会社クシタニ 様
・アールケー・ジャパン株式会社 様
・国美コマース株式会社 様(SUNSTAR)
・APIO株式会社 様(ジムニー展示)
取材メディアの皆様、
また、車両搬送とイベントステージを設営いただいた
・有限会社キャニオンサービス 様
本当にありがとうございました。

鈴鹿8耐は目前です。
ヨシムラスズキシェルアドバンスチームのご声援をよろしくお願いします。
次回のツーリングブレイクタイム開催をお楽しみに。

ヨシムラ車両展示
GSX1300R隼、BANDIT1250、GSX-R1000、T-MAX530、MAJESTY S、
Ninja250、GROM、GROM(YD-MJNキャブ仕様)、
KTM 690DUKE、BMW R1200GS、BMW S1000R、
ネオパーサ館内:GSX-R750ヨシムラレーサー(1986年 AMAスーパーバイク参戦/辻本選手)

 

集合写真の高解像度版ダウンロードはコチラ