2013年4月6日開催in ヨシムラジャパン本社

第37回ツーブレ開催報告

2013年4月6日(土)第37回ヨシムラツーリングブレイクタイムを開催しました。

今回は「ヨシムラモーターサイクルフェスタ」~キックオフミーティング~ in ツーリングブレイクタイム Vol.37 としてヨシムラ本社で開催し、この春に発売される下記の新型サイクロンマフラーや人気の商品を一挙に展示し、実際に「見て」「触って」「聴いて」頂き、最新情報を全てご紹介しました。

・HEPTAFORCE 装着 GSX-R1000、隼
・R-11 1end 装着 新型Ninja250、Ninja250R、CBR250R
・R-11 2end 装着 S1000RR
・R-77J 装着 Ninja1000、ZX-14R
・R-77S 装着 新型 Ninja250、PCX125
・RS-4J 装着 WR250R
・Tri-Coneカーボンエンド 装着 YZF R-15、モンキー(YD-MJN装着)
・RSC-Vintage 装着 CB1100

そしてリリース直前の「CB400 FOUR」レーシングサイクロンの集合管サウンドや、また全日本選手権を戦うヨシムラGSX-R1000レーサーのレーシングノートも会場を盛り上げてくれました。
全16台のヨシムラマフラーサウンドをたっぷり聴いて頂けたのではないでしょうか。

アピオ様はモンゴルラリーに参戦した「ヨシムラ×TOTSUGEKI」マフラー装着ジムニーで来場され、後輪を上げた迫力あるアングルで車体下のマフラーを展示されました。
今回は好評の「コーヒーサービス」に追加で「ドリンク」と「焼き鳥」のおもてなしを行いましたが、焼きたての味をご賞味頂けましたでしょうか?
心配されていた天気は少し雨が降りましたが、無事に曇りでイベントを終了しました。
新しく3/30に開通した圏央道「相模原愛川インターチェンジ」を利用されたお客様も、とてもアクセスが便利になったとの声を頂きました。

ご来場頂いたお客様、ご出店頂いた
・アピオ株式会社 様
・HOT.ROAD TO MILWAUKEE 様
本当にありがとうございました。

次回のツーリングブレイクタイムをお楽しみに。


TOP