ロゴ

TOP > レース > スーパーバイク選手権

スーパーバイク選手権

Rd.7 イモラ

Rd.7 イモラ

日程サーキットライダー予選レース1レース2

2013年6月29日・30日

イモラ
(イタリア)

レオン・キャミア

ジュール・クルーゼル

6位
14位
7位
リタイヤ
7位
11位

レポート

キャミア、両レース7位入賞

イタリア・ボローニャ近郊にあるイモラサーキットこと「エンツォ・エ・ディノ・フェラーリサーキット」で開催されたワールドスーパーバイク第7戦。
この週末、雨の予報があったものの好天に恵まれたイモラは、予選、決勝を通じてドライコンディションでレースが行われ、イタリアを代表する伝統のモータースポーツサーキットには、週末を通じて4万人を越えるファンが詰めかけた。

ウィーク初日、金曜日に行なわれたフリー走行1回目では、FIXIクレセントスズキのレオン・キャミアが10番手、ジュール・クルーゼルは14番手タイム をマーク。続く公式予選1回目では、キャミアが8番手、クルーゼルが14番手となるタイムを記録。特にキャミアは決勝レースへ向けて、ユーズドタイヤで多 くの周回を消化することが初日のテーマで、予選1回目のキャミアのタイムは、タイヤが消耗した最終ラップのタイムだった。

2日目の土曜日の午前中に行われた公式予選2回目では、キャミアが9番手、クルーゼルは13番手につけ、午後のスーパーポールに進出。しかし、クルーゼル はスーパーポール1で14番手となり、スーパーポール2に進出できず、7番手で進出したキャミアはスーパーポール2もユーズドタイヤのまま4番手でクリア し、スーパーポール3で6番手となり、セカンドローからのスタートとなった。

「セカンドローグリッドならば正直言って悪くないけれど、スーパーポール2と3の速い区間がそれぞれ違ったから、もっとタイムを上げられると思う。この2 日間ではアタックするというより、レースタイヤで周回を重ねたので、レース後半にタイヤが消耗した時のフィーリングもテストできている。」(キャミア)

好天に恵まれ、路面温度が50℃をオーバーする中で行なわれた決勝レース。

レース

レース1

キャミアは好スタートでオープニングラップを6番手でクリアするものの、クルーゼルはシケインでオーバーランし、最後尾に転落してしまう。そのままキャミ アは6周目に5番手までポジションアップするものの、チャタリングに苦しみ、ペースアップができず7位でフィニッシュ。クルーゼルは14周目に転倒し、リ タイヤに終わっている。

レース2

キャミア、クルーゼルともまずまずのスタートを見せ、ほぼ予選ポジションどおりの位置からのレーススタート。キャミアは一時6番手まで順位を上げるもの の、L・バズ(カワサキ)とバトルを繰り広げながら7位でフィニッシュ。クルーゼルは13番手スタートから周回ごとにポジションを上げるものの、L・ハス ラム(ホンダ)、A・バドビーニ(ドゥカティ)とバトルを繰り広げながら、ラストラップのシケインでオーバーランを喫し、11位でフィニッシュした。
FIXIクレセントスズキは、このままイモラに留まり、テストを行なう予定となっている。

コメント

レオン・キャミア 選手 コメント

「何故だかタイヤがホイールからスピンしてずれてしまって、どうやってもチャタリングが止まらないままペースを上げられないレースになってしまったんだ。 ある区間ではチャタリングが出ずに、前のグループに追いつけそうなペースで走れたけど、チャタリングが出る区間では全く攻められなかった。あれがなければ 表彰台争いに挑めたと思うので残念だよ。それから、今までもやってきたけれど、電気系統のセッティングをもっと進化させて、よりいいマシンに仕上げたい ね。」

ジュール・クルーゼル 選手 コメント

「この週末は、なかなかいいフィーリングを見つけることができなくて本当に残念だったよ。レース1はいいペースで走り始められて、トップ10を狙えると 思ったんだけれど、2回もコースアウトしてしまって、その2度目には転んでリタイヤになってしまった。レース2はフィーリングが悪く、レース中盤にはフロ ントに違和感が出てきて、特に高速コーナーで思いきって攻められなかったから、悔しいレースになってしまったね。この週末は全くレースを楽しめなかったけ ど、月曜からのテストでいいセッティングを見つけていきたいね。」
  • 2013-WSBK-Rd7.イモラ 01

  • 2013-WSBK-Rd7.イモラ 02

  • 2013-WSBK-Rd7.イモラ 03

  • 2013-WSBK-Rd7.イモラ 04

  • 2013-WSBK-Rd7.イモラ 05

  • 2013-WSBK-Rd7.イモラ 06

レース1

順位ライダーチーム
1位 トム・サイクス カワサキ
2位 ダビデ・ジュリアーノ アプリリア
3位 ユージン・ラバティ アプリリア

レース2

順位ライダーチーム
1位 トム・サイクス カワサキ
2位 ジョナサン・レイ ホンダ
3位 シルバン・ギュントーリ アプリリア

■スーパーバイク世界選手権第8戦、ロシア・モスクワ大会は7月20、21日に開催されます。