ロゴ

TOP > レース > スーパーバイク選手権

スーパーバイク選手権

Rd.2 モーターランド・アラゴン

Rd.2 モーターランド・アラゴン

日程サーキットライダー予選レース1レース2

2013年4月13日・14日

モーターランド・アラゴン
(スペイン)
ジュール・クルーゼル 5位 6位 7位

レポート

クルーゼルが10人抜きで7位フィニッシュ! ~キャミアはウィーク初日に負傷し欠場~

開幕から約1ヶ月半のインターバルをおいて開催されたスーパーバイク世界選手権。
この大会からヨーロッパラウンドがスタートし、その舞台となったのは、GP開催サーキットとしてもおなじみの、スペインのモーターランド・アラゴン。
レース前には3日間の事前テストも開催されたが、ここでFIXIクレセントスズキは、レオン・キャミアが3日間連続の2番手タイムをマーク。好調を維持してアラゴン大会に臨むことになった。
しかし、大会初日にアクシデント。なんと、フリー走行1回目を5番手で終えたキャミアが、続く公式予選1回目でハイサイド転倒を喫してしまったのだ。
キャミアは左ひざを負傷し、そのまま病院へ直行。残念ながらアラゴン大会には出場できないことになってしまったが、日曜日の決勝日にはサーキットに元気な姿を見せ、2週間後のオランダ・アッセン大会からの復帰を目指すことになった。
そしてキャミアのチームメイトである、スーパーバイクルーキーのジュール・クルーゼルは着実にステップアップ。初日のフリー1回目で12番手となると、予 選1回目では8番手タイムをマーク。2日目の予選2回目では初日のタイムを更新できず10番手にとどまったものの、自身初のスーパーポールに進出。その スーパーポール1回目で3番手タイムをマークし、2回目で7番手、最終的に2列目5番手のスターティンググリッドを獲得してみせた。
「今日はすごくうまく行ったね。朝の走行では決勝用タイヤでロングランができたし、初めてのスーパーポールはかなり緊張したけど、予選用タイヤを使ったら タイムを1秒半も短縮できて、SP1では3番手にもなってびっくりしたほどだった。SP2ではレース用タイヤでまたタイムを縮められたし、SP3 でもアタックラップにちょっとミスをしたのに、またタイムアップできた。5番手グリッドはレースに向けても悪くない。」(クルーゼル)

レース

レース1

クルーゼルはオープニングラップでやや順位を下げて8番手で2周目へ。レースはスタートから飛び出したE・ラバティ(アプリリア)がトラブルで3 周目にリタイヤする波乱のなか、レース序盤からC・デイビス(BMW)が独走態勢へ。クルーゼルは周回ごとにポジションを上げ、J・レイ(ホンダ)、L・ バズ(カワサキ)と4番手争いを繰り広げていたが、タイヤのグリップが低下したことで徐々に後退。それでも後方につけたC・チェカ(ドゥカティ)を寄せ付 けず、単独の6番手でチェッカーを受けた。

レース2

スタート進行時にクルーゼルのマシンにトラブルが発生。ニュートラルギアを出せないままクラッチがつながり、グリッドで静止できないため、ピットレーンからのスタートとなった。
「いつもは簡単にニュートラルに入るんだけど、この時は1速か2速にしか入らなくなってしまったんだ。グリッドですぐにシグナルブルーになったら問題な かったんだけど、静止時間が長かったからズルズル前に進んでしまって、グリッドで手を上げて問題があることをアピールしたんだ。」(クルーゼル)
しかし、最後尾からのスタートとなったクルーゼルの追い上げは凄まじく、1周目に2台、2周目に3台をパスしてトップ10圏内に入ると、4周目にはC・ チェカ(ドゥカティ)を、5周目にはL・ハスラム(ホンダ)を、8周目にはL・バズ(カワサキ)をかわして6番手まで上昇。しかし、この頃クルーゼルはエ ンジンの異音と振動を感じペースアップを断念。再びバズにかわされたものの、価値ある7位でフィニッシュした。

コメント

ジュール・クルーゼル 選手 コメント

「レース1ではレース中盤からタイヤのスライドが激しくてペースをキープできず、レース2ではグリッドで問題があってピットレーンスタートになってしまっ たけど、あれがなかったらトップ5に入れると思っていたんだ。レース2ではバズをいったん抜いた後、激しい震動があってノイズが聞こえたんだけど、マフ ラーからスモークも出ていないし、オイルリークもなかったから、そのまま走行を続けたんだ。残念ながらペースを上げることはできなかったけど、なんとか フィニッシュできたね。それでもこの大会は上手くいったし、両レースとも完走できて結果も残せたからよかったと思う。」

レオン・キャミア 選手 コメント

「事前テスト、それからウィーク初日と、せっかくいい出だしができたレースだったのに、決勝に出られなくて本当に残念。今は次のアッセンに向けて治療を優先しないと。今日、ジュールはいい仕事をしたね。僕も彼に続きたい!」
  • 2013-WSBK-Rd2.モーターランド・アラゴン 01

  • 2013-WSBK-Rd2.モーターランド・アラゴン 02

  • 2013-WSBK-Rd2.モーターランド・アラゴン 03

  • 2013-WSBK-Rd2.モーターランド・アラゴン 04

  • 2013-WSBK-Rd2.モーターランド・アラゴン 05

  • 2013-WSBK-Rd2.モーターランド・アラゴン 06

レース1

順位ライダーチーム
1位 チャズ・デイビス BMW
2位 シルバン・ギュントーリ アプリリア
3位 マルコ・メランドリ BMW

レース2

順位ライダーチーム
1位 チャズ・デイビス BMW
2位 シルバン・ギュントーリ アプリリア
3位 トム・サイクス カワサキ