ロゴ

TOP > レース > スーパーバイク選手権

スーパーバイク選手権

Rd.7 ミサノ

日程サーキットライダー予選レース1レース2

2012年6月8日~6月10日

ミサノ
(イタリア)

レオン・キャミア

ジョン・ホプキンス

14位
18位
10位
17位
15位
14位

レポート

WSBK第7戦は再び舞台をヨーロッパへ移し、サンマリノラウンドが開幕。金曜日に行われた公式予選1回目。レオン・キャミア選手(以下、L・キャミア選 手) が11番手、ジョン・ホプキンス選手(以下、J・ホプキンス選手) は16番手のタイムで初日のセッションが終了。

土曜日に行われた公式予選2回目。L・キャミア選手は前日のタイムを約0.7秒更新させ1分36秒623で8番手のタイムでスーパーポールの進出を決め た。一方のJ・ホプキンス選手も前日のタイムは更新するものの、1分37秒168で18番手のタイムとなり、スーパーポールへの進出は果たせずセッション が終了。
スーパーポール1は直前まで雨が降っていた影響でレースウィークを通して初のウェット宣言が出された。L・キャミア選手は直ぐにはコースインせず、トラッ ク状態の回復を待ったがコースコンディションは思うように回復せず、約10分程待ってからアタックを開始させた。L・キャミア選手が望んだトラック状態に はならなず、残された時間で懸命に攻めるも、スーパーポール1は14番手のタイムで終了となってしまった。
結果、決勝レースのスターティンググリッドはL・キャミア選手は4列目、J・ホプキンス選手が5列目からのスタートとなった。

決勝レース1、L・キャミア選手は1周目に11番手にポジションを上げ、10周目までは1分37秒台で周回を重ねポジションを更にひとつ上げる。しかし、 11周目以降はラップタイプが1分37秒台から38秒台へと若干ペースが落ちはじめてしまう。12周目までに14番手とポジションを落としてしまったL・ キャミア選手だが、粘り強い走りで徐々にポジションを上げ10位でチェッカーを受けた。
5列スタートとなったJ・ホプキンス選手はレース全体を通して安定したラップタイムで周回を重ねたが、スタートポジションが悪く、ポジションを上げるのに手間取ってしまい17番手でのチェッカーとなった。

決勝レース2、L・キャミア選手はレース1よりも速いペースで周回を重ね、1周目には13番手だった順位を5周目には9番手までポジションを上げる好調さ をみせる。しかし6周目の4コーナーで単独でクラッシュしてしまい最後尾まで順位を下げてしまう。幸いにもライダーとマシンには大きなダメージはなく、 L・キャミア選手はコースへ復帰。L・キャミア選手は転倒の影響を感じさせないペースでプッシュを続け、転倒車の影響もあったが最終的には2台をかわし、 15番手でチェッカーを受けた。
一方のJ・ホプキンス選手は1周目に目の前を走るL・メルカード選手(KAWASAKI) のハイサイドの影響を受け、コースアウトとなってしい最後尾からの追い上げとなった。レース2でもJ・ホプキンス選手のラップタイムは安定し、ひとつずつ 確実にポジションを上げ、最後は14番手までポジションを回復しチェッカーとなった。
  • 2012-WSBK-Rd7.ミザノ 01

  • 2012-WSBK-Rd7.ミザノ 02

  • 2012-WSBK-Rd7.ミザノ 03

  • 2012-WSBK-Rd7.ミザノ 04

  • 2012-WSBK-Rd7.ミザノ 05

  • 2012-WSBK-Rd7.ミザノ 06