ロゴ

TOP > レース > MFJ全日本ロードレース選手権

MFJ全日本ロードレース選手権

全日本ロードレース選手権(JSB1000クラス)参戦について

2017 JSB1000

ヨシムラスズキMOTULレーシングは、2018年の全日本ロードレース選手権 JSB1000クラスに2台体制で参戦致します。
今シーズンは悲願のチャンピオン獲得に意欲を燃やす参戦6年目となるヨシムラのエース津田 拓也 選手を軸に、強力なライダーとしてJSB1000やWSSの経験を持つ渡辺 一樹 選手を新たに起用します。
チーム一丸となり、スズキGSX-R1000のポテンシャルを存分に発揮させ、シリーズチャンピオン獲得に向けて邁進します。
2018年 ヨシムラスズキMOTULレーシングを応援ください。

加藤 陽平 監督

2018年は「ヨシムラスズキMOTULレーシング」として、またモデルチェンジを果たしたGSX-R1000での2年目の参戦となります。
全日本ロードレース選手権(JSB1000クラス)に於いては、レース数が大幅に増加しチームにとってもライダーにとってもチャンスが増えるシーズンになると思っております。
ライダーはチームから参戦6年目となる津田選手と、全日本JSB1000に1年振りに復帰する渡辺選手を起用することになりました。
かつてのライバル同士であった二人ですが、チーム内で切磋琢磨して強くなってくれることを期待します。
フルモデルチェンジしたマシンも2年目となるので、更なる熟成と開発を押し進め、パフォーマンスをアップした車両と共に、昨年獲り逃したシリーズタイトルを目指して参ります。

---あくなき挑戦---
2018年もヨシムラスズキMOTULレーシングへ
ご声援よろしくお願いします。

#12 津田 拓也

名前 津田 拓也 (ツダ タクヤ)
出身地 和歌山県
誕生日 1985年4月27日
身長 171cm
体重 71kg

早いものでヨシムラスズキからの参戦が6年目となりました。
昨年はモデルチェンジとなったGSX-R1000が投入となり、自分自身もチームの皆も期待に胸を膨らましシーズンインを迎えましたが、新型ならではの難しさもあり想像以上の苦戦を強いられてしまいました。
2年目となる今年は、マシンのポテンシャルを引き出し自分の理解度も上げていくことで、まずは1勝し、そして勝利を積み重ねていきたいです。
ファンの皆さんに楽しんでもらえる様に今年はさらに上を目指して頑張りますので、引き続きヨシムラスズキMOTULレーシングの応援をよろしくお願いいたします。

主なレース戦績
2013 鈴鹿8時間耐久 2位
全日本選手権 JSB1000 年間ランキング 4位
2014 鈴鹿8時間耐久 2位
全日本選手権 JSB1000 年間ランキング 3位
2015 鈴鹿8時間耐久 5位
全日本選手権 JSB1000 年間ランキング 4位
2016 鈴鹿8時間耐久 3位
全日本選手権 JSB1000 年間ランキング 2位
2017 鈴鹿8時間耐久 7位
全日本選手権 JSB1000 年間ランキング 2位

#26 渡辺 一樹

名前 渡辺 一樹 (ワタナベ カズキ)
出身地 山梨県
誕生日 1990年10月2日
身長 170cm
体重 68kg

2018年シーズンは、ヨシムラスズキMOTULレーシングより全日本ロードレースJSB1000クラスを走る事が決まり、新たな挑戦にとてもワクワクしています。
まずはこのチャンスをいただいた、ヨシムラ、そしてスズキの皆様に感謝しています。
ヨシムラスズキMOTULレーシングという日本屈指のレーシングチームから国内最高峰の舞台に再び挑む事ができ、とにかく今から開幕戦が楽しみです。
自分らしい走りで最大限のパフォーマンスを出し、ファンやスポンサー、応援してくださる全ての方々に喜びと感動を与えられるように、チーム一丸となり戦って行きます。
皆様の応援よろしくお願いします!

主なレース戦績
2013 全日本選手権 JSB1000 年間ランキング 7位
2014 鈴鹿8時間耐久 12位
全日本選手権 JSB1000 年間ランキング 7位
2015 鈴鹿8時間耐久 9位
全日本選手権 JSB1000 年間ランキング 3位
2016 鈴鹿8時間耐久 2位
全日本選手権 JSB1000 年間ランキング 6位
2017 スーパースポーツ世界選手権 参戦