ロゴ

TOP > レース > MFJ全日本ロードレース選手権

MFJ全日本ロードレース選手権

Rd.7 鈴鹿サーキット

日程サーキットライダー予選決勝

2009年10月31日、11月1日

鈴鹿サーキット
(三重県)
酒井大作 2位 リタイヤ

2009年度の最終戦は全日本ロードレース選手権シリーズでは初の試みとなる鈴鹿サーキットの東コースが舞台となり、決勝レースは2レース制で争われることとなった。東コースは抜きどころも少なく、1周のラップタイムも50~51秒前後で周回する為、公式予選、決勝レースともに激しい接戦が予想された。
そしてランキングトップで最終戦を迎える酒井がヨシムラスズキwithJOMOに2シーズン振りのシリーズタイトルをもたらせられるか大きな注目が集まる中、ついに最終戦が開幕を迎えた。

レポート

予選レポート

最終戦の公式予選もノックアウト方式(※)で争われることとなったが、レース1のグリッドはQ1で決まり、レース2のグリッドがQ3で決定する為、Q1から激しいタイムアタックが予想された。
(※セッションQ1の上位18台がセッションQ2へ進出、Q2の上位12台が最終のQ3へ進出が決定する予選方式)

Q1:(30分):
酒井は事前のテストの初日で転倒を喫してしまった為、東コースでのマシンのセットアップを進めながら公式予選に臨むこととなった。それでも酒井は果敢に攻め、4番手となる50秒597のタイムでQ2への進出をきめた。トップタイムは50秒259を記録した中須賀選手(ヤマハ)となった。
また、Q1の結果で決勝レース1のスターティンググリッドが決まり、酒井は2列目4番手からのスタートとなった。

Q2:(15分):
Q2で酒井は出走マシン18台中最多となる17周を周回し、精力的にマシンのセットアップを詰め3番手のタイム50秒723で最終のQ3へ進出を決めた。

Q3:(15分):
Q3では酒井がQ1のタイムを更に削り50秒395のタイムを叩き出す。しかし、トップタイムには及ばず2番手となる。トップタイムは50秒163を記録した中須賀選手となった。
この結果、決勝レース2のスターティーンググリッドは酒井はフロントロー2番手を獲得することとなった。

決勝レポート

決勝日の早朝は雲が立ちこめていたが、次第に天気も回復し決勝レース1はドライコンディションのレースとなった。
レース1:
オープニングラップは中須賀選手、秋吉選手(ホンダ)、伊藤選手(ホンダ)、酒井と続く。酒井は6周目にポジションをひとつ上げ3番手となる。酒井は前を走る中須賀選手、伊藤選手を追うがその差はなかなか縮まらない。単独走行となった酒井は少しでも前との差を詰めるべく最後までペースを緩めずに周回を重ねたが、レース1は3番手でのチェッカーとなった。

レース2:
決勝レース2の天候は雨となってしまい、レース1と打って変わってレインコンディションでのレースとなった。
決勝レース2のオープニングラップは1コーナーで酒井がトップを取れると思われたが、それを中須賀選手がゆるさずに、中須賀選手、酒井、伊藤選手の順で1コーナーへ進入した。酒井はトップの中須賀をしっかりとマークし抜き所を探しながら周回を重ねていたが、4周目に後方から追い上げをみせる秋吉選手に、そして5周目には伊藤選手にもかわされてしまう。4番手にポジションを下げてしまった酒井ではあったがここからペースを上げ始める。
そして酒井は13周目にはこのレースのファステストラップ54秒670を刻み、3番手の伊藤選手に迫る。テールツーノーズで伊藤選手の背後に迫るが、なかなか前に出ることは出来ず、このままの順位ではシリーズタイトルが取れない酒井は、レースも残り5周となった16周目に伊藤選手に仕掛ける。しかし、S字コーナーで伊藤選手と接触転倒。激しくバリアに滑っていったマシンは大破してしまい、そのままリタイヤとなってしまった。
最終戦の結果、酒井はシリーズランキング2位で2009年度のシーズンを終えた。
  • 2009-JSB-Rd7.鈴鹿サーキット 01

  • 2009-JSB-Rd7.鈴鹿サーキット 02

  • 2009-JSB-Rd7.鈴鹿サーキット 03

コメント

加藤陽平監督コメント

「初めての鈴鹿東コース、今年初めてポイントリーダーで迎えた最終戦において、チームとしてベストを尽くすべく望みました。結果として第一レース3位、第二レース転倒リタイアでチャンピオンは取れませんでしたが、アクシデントで事前テストをキャンセルせざるをえなかった中で、一丸となって最後まで戦う事ができたので満足しています。きっと今回サーキットに来てくださったファンの皆様も、酒井くんの気持ちの入ったヨシムラスピリットを代弁するかのような走りで心打たれたのではないでしょうか?
負けて強くなる。これを誓ってもっともっと素晴らしいチームにしていきます。改めまして、スポンサーの皆様、そして多くのファンの皆様、今年一年応援ありがとうございました。」

今シーズンも皆様の暖かいご声援、本当にありがとうございました。シリーズタイトルこそ逃しましたが最後まで諦めないヨシムラの姿勢を皆様に見ていただけたのではないかと思っております。是非これからも応援宜しくお願いします。本当に有難うございました。

レース開催データ
■天候
予選:曇
決勝:レース1:晴/レース2:雨
■路面
予選:ドライ

決勝:レース1:ドライ/レース2:レイン

■開催場所
三重県・鈴鹿サーキット東コース(2.243Km)
■観客数
23,000人(2日間)