ロゴ

TOP > 製品情報 > エンジン > TMR/TDMR

TMR/TDMR

ヨシムラMIKUNI TMRキャブレターの特徴

ヨシムラMIKUNI TMRキャブレターの特徴

ヨシムラ-MIKUNI TMR/TDMR キャブレターは、MIKUNI TMR/TDMR キャブレターの基本的なメカニズムには手を加えず、車種別基本セッティングを施し、お客様のセッティング作業負担を軽減・短縮できるようにした商品です。
車両コンディションやマフラー、ピストン、カムシャフト、その他のチューニングレベルによって再セッティングが必要な場合がありますが、一から始めるセッティングと比較すれば、その作業にかかる時間や手間に格段の差が生じます。
コンパクトなボディーで、カラーはシルバーが特徴です。

  • 高吸入効率

    高吸入効率
    全開時のTMRのボア

    スロットルバルブの肉薄化やシーリング構造により、スムースボア化をより発展。特に全開高速域での吸入効率は抜群です。

  • スロットルレスポンス

    ハイパーノズル、加速ポンプの採用により低中速からの急加速もスムーズでレスポンス良く太いトルクを発生します。また加速ポンプはプランジャ式を採用しスロットル開閉速度に見合った量の燃料を吐出します。

  • 操作性の向上

    操作性の向上
    ボディ側に設けられたベアリング

    スロットルバルブ摺動部には、ボールベアリングを配列し、操作性をより向上させています。

  • 軽量・コンパクト化

    軽量・コンパクト化(右)TM (左)TMR
    全体的にコンパクトになっている。

    ミキシングボディ一体構造、薄肉化、各パーツの細かい見直し等により大幅な軽量化に成功し、またサイズのコンパクト化も成されています。

  • メンテナンス性

    スロットルバルブ、ジェットニ-ドル等のセッティングパーツの交換が大変簡単に行なえるようになりました。

  • 始動性

    始動性
    スタータ機能

    独立したスタータ機能を装備しましたので、冷寒時においても始動は容易で、かつファーストアイドル後の暖気も安定して行うことが出来ます。

ハイパーノズル

ハイパーノズル

ハイパーノズルとはTMRのために開発したメーンノズル形態で、ベンチュリ通過空気の気流を受ける導入開孔部と、気流下流側に開孔した吐出開孔部により構成され、次のような効果があります。

  • 優れた過渡特性
    吐出開孔部から燃料が吐出するため、燃料の搬送おくれ(ジェットニードルに燃料が添いながら噴出する状態)がありません。また燃料粒径が細かく燃焼効率もアップします。
  • 容易なセッティング
    パイロット、メーンの分担が明確になり、カッタウエイが小さくでき、小径パイロットジェットでパイロット系を伸ばすことができます。またベンチュリ気流速を落とさずメ-ンノズルにかかる負圧を減ずることが可能になりました。
                        

LINEUP

                        

キャブレターインデックスへ