ロゴ

TOP > お知らせ > レース

お知らせ:レース

レース: 2014. 04.14

ワールドスーパーバイク第2戦リザルトをアップしました。

ワールドスーパーバイク第2戦リザルトをアップしました。

レース: 2014. 04.14

全日本ロードレース JSB1000 第1戦レポートをアップしました。

全日本ロードレース JSB1000 第1戦レポートをアップしました。

レース: 2014. 03.17

AMAスーパーバイク第1戦リザルトをアップしました。

AMAスーパーバイク第1戦リザルトをアップしました。

レース: 2014. 03.01

鈴鹿8耐「Legend Team」誕生!

今年の鈴鹿8耐はヨシムラにとって、記念すべき大会となります。それは1954年の吉村秀雄によるヨシムラ創業より60周年という節目となるからです。

ヨシムラ創業60周年記念として、鈴鹿8時間耐久レースのために「Legend Team」が誕生しました!

詳細はこちら

鈴鹿8耐「Legend Team」誕生!

レース: 2014. 02.24

ワールドスーパーバイク第1戦リザルトをアップしました。

ワールドスーパーバイク第1戦リザルトをアップしました。

レース: 2014. 02.17

2014年度 サブタイトルスポンサー契約締結について

(株)ヨシムラジャパンは(株)レッドアンドイエローとサブタイトルスポンサー契約を締結する事を発表いたします。
これにより(株)レッドアンドイエローが扱うオイルブランド「シェルアドバンス」が、ヨシムラ2014年レース車両に大きく貼付され、チーム名も「ヨシムラスズキシェルアドバンス」として2014年全日本ロードレース選手権JSBクラス(全8レース)及び世界選手権鈴鹿8時間耐久ロードレースに参戦いたします。
ライダーは昨年JSBクラス初参戦ながら1勝を挙げランキング4位の津田拓也を起用し、マシンはヨシムラチューンを施したスズキGSX-R1000 L4、タイヤはブリヂストンにて鈴鹿8耐制覇と全日本選手権チャンピオンを目指します。

詳細はこちら

2014年度 サブタイトルスポンサー契約締結について

レース: 2014. 02.17

2014年度 MFJ全日本ロードレース JSB1000クラス参戦体制について

ヨシムラジャパンは「ヨシムラスズキシェルアドバンス」として、2014年 全日本ロードレース選手権 JSB1000クラスに参戦致します。
ライダーは昨年JSBクラス初参戦ながら1勝を挙げランキング4位の津田拓也選手を起用し、マシンはヨシムラチューンを施したスズキGSX-R1000L4、タイヤはブリヂストンにて全日本選手権チャンピオンを目指します。

詳細はこちら

2014年度 MFJ全日本ロードレース JSB1000クラス参戦体制について

レース: 2014. 02.17

2014年度 ヨシムラジャパンのレース参戦体制について

2014年、ヨシムラジャパンはMFJ全日本ロードレースJSB1000クラスに『ヨシムラスズキシェルアドバンス』から津田拓也選手がGSX-R1000にてフル参戦し、シリーズチャンピオン獲得を狙います。 そして第37回を迎える鈴鹿8時間耐久ロードレースへ参戦し、チームのポテンシャルを最大限に発揮できるチーム体制にて5回目の優勝を目指します。

また引き続きスーパーバイク世界選手権へ参戦する「VOLTCOM CRESCENT SUZUKI」チームのエンジン部門を担い、ヨシムラチューンのエンジンとR-11Rマフラーのサプライヤーとしてチャレンジを継続させていきます。

今シーズンのレース活動は2013年での経験を踏まえ、世界・国内最高峰の舞台での戦いがヨシムラの未来への更なる進化となる様、新たな気持ちで第一歩を踏み出します。

今シーズンもヨシムラチームへ皆様の変わらぬご声援をよろしくお願いします。

2014年度 ヨシムラジャパンのレース参戦体制について

レース: 2013. 11.06

全日本ロードレース JSB1000 第9戦レポートをアップしました。

津田拓也、ランキング4位でシーズンを終了

ついに最終戦を迎えた全日本ロードレース選手権。MFJグランプリと銘打って行なわれた鈴鹿大会は、JSB1000クラスが2レース制で行なわれ、ここまでランキング4位につけている、ヨシムラスズキの津田拓也にとっては、逆転チャンピオンも十分射程距離となる一戦。同時に、今シーズンからヨシムラスズキに加入し、全日本ロードレースのトップカテゴリーにデビューした津田にとっての、一年の締めくくりとなるレースだ。

詳細はこちら

全日本ロードレース JSB1000 第9戦レポートをアップしました。

レース: 2013. 10.22

ワールドスーパーバイク第14戦レポートをアップしました。

復帰のキャミアが6位入賞!

最終戦に予定されていたインド大会がキャンセルされたことで、最終戦となったスペイン・ヘレス大会。MoroGP開催コースとしてもおなじみのヘレスサーキットだが、ワールドスーパーバイクは1990年の開幕戦以来、23年ぶり2度目の開催。

詳細はこちら

ワールドスーパーバイク第14戦レポートをアップしました。