ロゴ

TOP > ヨシムラ > 沿革・歴史

沿革・歴史

1954年吉村秀雄(ポップ吉村)、九州福岡県にてヨシムラモータース創業。
BSA、BMWの九州総販売代理店(バルコムモータース)も創業開始。(客層は主に米軍関係)
福岡県 板付飛行場(現福岡国際空港)でドラッグレース、雁ノ巣でロードレースが始まり、ポップ吉村自ら参加。
1964年日本で最初の本格的二輪耐久レース、鈴鹿18時間耐久ロードレースに参加・優勝。
(MFJ主催・参戦車両はホンダCB77改)
1965年東京都西多摩郡福生町に移転。ヨシムラコンペティションモータースに改名。
ホンダ S600/800、N360レース用のチューニングを手掛ける。
(ヨシムラチューンのマシンが1966~1971年までのFISCOでの日本JAF-GP(4輪)でのS600/800クラス連続優勝等の結果を残す。)
1971年ホンダCB750-ヨシムラチューンドエンジンを「Krause Honda」に供給、 デイトナ200 マイルレースに出場。
世界初試作レース用集合マフラー、オンタリオ250マイルレースにてCB750に初めて装着。
1972年世界初の市販集合マフラー、カワサキZ1/ホンダCB用発売開始。
米国に進出、ヨシムラレーシング設立。
1973年カワサキ Z1で3月のデイトナに於いて、FIM公認のクローズドコース世界記録等多数を樹立。
1974年神奈川県厚木市にヨシムラパーツショップ加藤設立。
1975年米国ヨシムラレーシングをヨシムラR&Dオブアメリカに改組。
1976年ヨシムラパーツショップ加藤、厚木市元町に移転。
スズキとのレースマシン(初の大型4ストロークマシンGS750)開発協力に合意。
(翌1977年のAMA ナショナルシリーズ ラグナ・セカ大会で初優勝。)
1978年ヨシムラパーツショップ加藤、厚木市山際に移転。
第1回 鈴鹿8時間耐久ロードレースに、スズキ GS1000で優勝。
1979年ヨシムラパーツショップ加藤を有限会社ヨシムラパーツオブジャパンに改組。
1980年神奈川県愛甲郡愛川町に移転。初代サイクロン発売開始。
鈴鹿8時間耐久ロードレース優勝。
1982年世界初、二輪レース用チタンマフラー開発。
1984年有限会社ヨシムラパーツオブジャパンを株式会社ヨシムラジャパンに改組。
騒音規制クリアするためにNEWサイクロン発売開始。
1985年油冷スズキGSX-R750が発売開始、同時にヨシムラからレーシングキットパーツが発売開始。
全日本ロードレースF-1選手権でシリーズチャンピオン獲得。以後3年連続シリーズチャンピオン獲得。
1986年サイクロン方式に加え性能向上させた「DUPLEXサイクロン」を発明。
1987年シングル専用マフラー「サンパー」開発、発売。
1989年全日本ロードレースF-1、F-3選手権で両クラスシリーズチャンピオン獲得。
吉村秀雄、会長に就任。
吉村不二雄、代表取締役社長に就任。
1990年ヨシムラMCLロードスター販売開始(マツダユーノスロードスター)。
マフラー素材をオールステンレスに変更。JMCA:全国二輪車用品連合会発足、騒音規制クリアのPR強化。
1991年本格的マフラー量産工場完成。
1992年吉村不二雄、MJNキャブレター発明、全世界に向け発売開始。
市販用サイクロンマフラーにもチタン、カーボンの高級素材採用。
1993年本社横に高性能エンジンベンチを建設。
1995年サイクロンマフラー全種1年保証を開始、同時にチタンマフラーを多種に渡り商品化。
吉村秀雄会長、逝去。
1996年ケーターハムスーパー7用手曲チタンサイクロンを発売開始。
1997年サイクロンマフラー全機種保証期間を1年延長し2年保証とする。
スズキGSX-Rオフィシャルレースキットパーツの開発・販売開始。
1998年レーシングTri-Ovalサイクロンを欧州で発表、市販開始。
1999年ストリート用Tri-Ovalサイクロン市販開始。
最高級モデル・チタンTri-Ovalサイクロンへ「転倒修理補償」開始。
全日本Xフォーミュラクラスに「隼X-1R」で参戦。
鈴鹿8耐Xフォーミュラクラスで優勝。(総合16位)
2000年吉村秀雄(ポップ吉村)AMA殿堂入り(本田宗一郎氏と共に日本人初)
全日本 Xフォーミュラクラスに「隼X-1R」で参戦。
鈴鹿8耐Xフォーミュラクラスで優勝。(総合6位)
コンプリートマシンヨシムラ「隼X-1」を100台限定で販売。
2001年全日本 Xフォーミュラクラスに「TORNADO S-1R」で参戦。
コンプリートマシン「刀1135R」を限定5台で販売。
騒音や排出ガス規制の適合と高性能を両立させた「キャタライズドサイクロン」を業界に先駆けて発売。
2002年全日本 プロトタイプクラスに「TORNADO S-1R」で参戦。
コンプリートマシンヨシムラ「TORNADO S-1」を50台限定で販売。
2003年業界に先駆けて「ISO9001」を取得。
新型サイクロンTri-Coneサイクロンを市販化。
ヨシムラ初のモタードコンプリートマシン「M450R」を受注生産にて販売。
2004年創業50周年 新社屋完成。
ヨシムラ50年の集大成である究極のコンプリートマシン「TORNADO III 零-50」を5台限定で販売。
スズキ RM-Zオフィシャルレースキットパーツの開発・販売開始。
欧州認定であるEECの認証マフラーを市販化。
2005年鈴鹿300Km耐久ロードレース優勝。
2007年全日本ロードレース選手権シリーズ JSB1000クラスシリーズチャンピオン獲得。
鈴鹿8時間耐久ロードレース優勝。
2008年全日本ロードレース選手権シリーズJSB1000クラス 全サーキットのコースレコードを樹立。
2009年鈴鹿8時間耐久ロードレース優勝。
2010年スーパーバイク世界選手権へスポット参戦。(1戦)
2011年レース用R-11 マフラー発表。スーパーバイク世界選手権オーストラリア大会 にて初めて装着。
スーパーバイク世界選手権へスポット参戦。(3戦)
2012年スーパーバイク世界選手権参戦チーム「FIXI CRESCENT SUZUKI」へ「Powered by YOSHIMURA」としてエンジン、エキゾーストシステム供給。
世界耐久選手権参戦チーム「SERT」へエキゾーストシステム供給並び技術提供。(世界耐久シリーズチャンピオン獲得)
YD-MJN 24/28キャブレター販売開始。
2013年スーパーバイク世界選手権参戦チーム「FIXI CRESCENT SUZUKI」へ「Powered by YOSHIMURA」としてエンジン、エキゾーストシステム供給。
世界耐久選手権参戦チーム「SERT」へエキゾーストシステム供給並び技術提供。(世界耐久シリーズチャンピオン獲得)
HEPTA FORCE マフラー販売開始。
2014年創業60周年。
スーパーバイク世界選手権参戦チーム「VOLTCOM CRESCENT SUZUKI」へ「Powered by YOSHIMURA」としてエンジン、エキゾーストシステム供給。
世界耐久選手権参戦チーム「SERT」へエキゾーストシステム供給並び技術提供。
ブリティッシュスーパーバイク(BSB)選手権参戦チーム「TAS RACING」へエキゾーストシステム供給並び技術提供。
全日本ロードレース選手権シリーズ JSB1000クラスへ「ヨシムラ スズキ シェルアドバンス」として参戦。
タイ王国にヨシムラアジア工場設立。